上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




keyboardtop.jpg


Macのキーボードをwindowsで使う方法は以下。

まず、Macのキーボードを買ってきます。

次にWindowsのPCのUSBポートに接続します。

以上で使えます。。。


と、それだけではつまらないので、
今回はコマンドやオプションボタンの場所にctrlボタンやALTボタンを設定するためのツールをインストール。

有償のものもあるが、今回はフリーウェアの
AppleKbWinをインストールした。

http://www.geocities.jp/funchi_soft/
こちらよりダウンロードしよう。

インストール方法はダウンロードしたアイコンをダブルクリックするだけなので、特に説明はなし。

コマンド、オプション、コントロール、caps lockキーなどの変更ができたり、スクリーンショットをマックと同じコマンドでとれるようになったり、また、とったスクリーンショットが直接ファイルとして保存される(これが一番うれしい機能だったりもする・・・)

カナと英数の切り替えもMacと同じスペース脇のボタンでできるので非常に重宝する。

CDのイジェクトもできるようになる。


音量ボタンはWindowsの標準ドライバでも使えるようだ。

キータッチ感が非常によいMac用キーボードを是非使ってみてほしい。(安いし、、、)





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。