上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




qmailのログを確認していると
「trouble opening info・・・」などというログが吐き出されていることがあるが、

キューの整合性が取れなくなった場合などに出ることがあるらしい。

queue-fixを使って直せるようだ。

方法は以下。

queue-fixをダウンロード。
# wget http://www.netmeridian.com/e-huss/queue-fix.tar.gz

展開する
# tar zxvf queue-fix.tar.gz

makeする。

整合性が壊れたディレクトリを復旧するには
# ./queue-fix -i /var/qmail/queue
とする。
(ディレクトリは各自のキューディレクトリを指定するように)

オプションの-iはインタラクティブモード。






RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。