上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




メール送信速度の制御(制限)ができるmilter-limitですが、Googleで検索しても日本語のドキュメントが出てこないので、せっかくなのでインストール方法を書いてみます。

まず、SnertSoftDOWNLOADのページから
(ユーザ登録が必要です。)

・milter-limit/0.12
・LibSnert

の二つをダウンロードする

Berkley.dbが無い場合にはインストールをしておく。
cd (path to)/db-4.3.27/build_unix
../dist/configure
make
make install

sendmailを前もってインストールしておく
cd (path to)/sendmail-8.13.4
vi devtools/Site/site.config.m4
sh Build -c
sh Build install

libmilterをインストールしておく
cd (path to)/sendmail-8.13.4/libmilter
sh Build -c
sh Build install

※ここまでは他のページなどを参考にインストール完了してください。


いよいよmilter-limitのインストール
# cd (path to)/com/snert/src/lib
# ./configure
# make build
# cd ../milter-limit
# ./configure
# make build
# make install

でインストール完了

次はsendmail.cfを作成する。
sendmail.mcに以下を追記する
dnl -------------------------------------------------------------------
dnl milter-limit.mc
dnl -------------------------------------------------------------------
dnl Example configuration to be added to sendmail.mc.
dnl
dnl Copyright 2004, 2006 by Anthony Howe. All rights reserved.
dnl
dnl $OpenBSD$
dnl

define(`_FFR_MILTER', `1')dnl

dnl -------------------------------------------------------------------
dnl Enable this for debug output from Sendmail.

dnl define(`confLOG_LEVEL', `14')dnl

dnl -------------------------------------------------------------------
dnl Enable this to see even more debug output.
dnl Defaults to confLOG_LEVEL.
dnl
dnl If Milter.LogLevel is greater-than:
dnl
dnl 0 Communication errors
dnl 8 Header & RCPT modification messages
dnl 9 Connect to info
dnl 10 Milter error return codes, abort messages
dnl 12 More return code info, connection/open errors
dnl 14 grey & rcpts info
dnl 17 Show headers & body sent to a milter.
dnl 18 Quit
dnl 21 Time a milter

dnl define(`confMILTER_LOG_LEVEL', 14)dnl

dnl -------------------------------------------------------------------
dnl The S= by default specifies a unix domain socket to be used between
dnl sendmail and the milter. It can also be an Internet domain socket.
dnl The accepted forms are:
dnl
dnl {unix|local}:/path/to/file A named pipe. (default)
dnl inet:port@{hostname|ip-address} An IPv4 socket.
dnl inet6:port@{hostname|ip-address} An IPv6 socket.
dnl
dnl Note that the F= says what to do with the message if the milter
dnl is not running.
dnl
dnl F=T Temporary fail connection if filter unavailable
dnl F=R Reject connection if filter unavailable
dnl
dnl If no F= specified and there is a problem with the milter, then
dnl the default is to continue normal handling, skipping the milter.
dnl
dnl Note that the T= specifies timeouts for communication. The
dnl following fields are defined:
dnl
dnl C Timeout for connecting to a filter. If set to zero (0),
dnl the system's connect() timeout will be used. Default: 5m
dnl S Timeout for sending information from the MTA to a
dnl filter. Default: 10s
dnl R Timeout for reading reply from the filter. Default: 10s
dnl E Overall timeout between sending end-of-message to filter
dnl and waiting for the final acknowledgment. Default: 5m
dnl
dnl So the Sendmail default values are equivalent to:
dnl
dnl T=C:5m;S=10s;R=10s;E:5m
dnl

INPUT_MAIL_FILTER(
`milter-limit',
`S=unix:/var/run/milter/milter-limit.socket, T=C:10s;S:10s;R:10s;E:10s'
)dnl

dnl -------------------------------------------------------------------
dnl End milter-limit.mc
dnl -------------------------------------------------------------------


以下のコマンドでsendmail.cfをつくり、cfを所定の場所に配置する。

sh Build sendmail.cf
sh Build install-cf


ファイルの権限などが以下のようになっているか確認する。
/etc/mail/ root:smmsp 0750 drwxr-x---
/etc/mail/access.db root:smmsp 0640 -rw-r-----
/etc/mail/sendmail.cf root:smmsp 0640 -rw-r-----
/etc/mail/milter-limit.cf root:root 0644 -rw-r--r--
/var/run/milter/milter-limit.pid milter:milter 0644 -rw-r--r--
/var/run/milter/milter-limit.socket milter:milter 0644 srw-r--r--
/var/db/milter-limit milter:milter 0644 -rw-r--r-- (*BSD)
/var/cache/milter-limit milter:milter 0644 -rw-r--r-- (linux)
/usr/local/libexec/milter-limit root:milter 0550 -r-xr-x---


1秒に1通などという制限をかけて送信する場合には
# vi /etc/mail/access


milter-limit-To:hoge@example.com 1/1s

などのように記述し、
makemap -v hash /etc/mail/access.db < /etc/mail/access

として、DBを作成する。

※その後、milter-limitの再起動を忘れないように!
# /etc/init.d/milter-limit restart


また、1秒間隔で送信制限をしたいなどという時にはQueueRunnerの間隔の変更が必要
(QueueRunnerが動いたタイミングでキューがフラッシュされる)
# vi /etc/init.d/sendmail

QUEUE=1h

の部分を
QUEUE=1s

などに変更する。
(1秒間隔でキューをフラッシュするとキューフォルダにあるメールすべてが再試行され、そのときにかなり大量のログを吐き出すので、注意!)

また、起動スクリプトの中で
/etc/sysconfig/sendmail

の中の設定が優先になっているので、
# vi /etc/sysconfig/sendmail


QUEUE=1s

と書き換えて完了。





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。