上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




SQL Server のデータベースをvisioでER図にする方法。

MYsql等のデータベースを使っている場合は
[DB Designer 4]等を使ったほうが楽だと思いますが、今回はSQLserverなので、visioを使ってデータベースをリバースエンジニアリングしてみます。

環境:visio2003

まず、visioを起動し、
「ファイル」→「新規作成」→「データベース」→「データベースモデル図」を選択する。

上部メニューの
「データベース」→「リバースエンジニアリング」を選択する。

リバースエンジニアリングウィザードが開くので、

Visioドライバは
「Microsoft SQL Server」を選択し、

データソースは脇の「新規」ボタンをクリックする。

データソース型はとりあえず
「システムデータソース」を選択。(一番下)

ドライバは
「SQL Server」を選択し、完了を押すまで進む。

データソースの名前は表示名なのでお好きな名前を、、
同様に説明も。。。

接続するSQLサーバー名はデータベースのIPアドレスを入れる。

認証方法はデータベースの設定によるので設定を確認し、
どちらかを選択。
(私の場合はSQL Server用のIDとPASSを入力)

設定が完了したらまた上部のメニューから「データベース」を選択し、「リバースエンジニアリングウィザード」を開く。

先ほど作成したデータソースを選択し、次へ。

IDとパスワードを入れる設定にしていると、IDとパスワードの入力をする画面がでるので、入力し「OK」を押す。

次の画面で欲しいデータベース内のオブジェクトを選択する。

次に、欲しいテーブルとビューを選択する。

次に、欲しいトリガを選択する。

図形の自動追加の画面が出るが、デフォルトでは「後で追加にする」になっていると思う。
でもここは最初から出していて欲しいので「現在の図面に追加する」を選択。

「図の自動生成は時間がかかります」と起こられるがそのまま先に進む。。。

完了を押すと時間がかかりますがER図が取得できたと思います。
(権限によってはリレーションなどが出ない場合があります)

プロパティなどを確認するとトリガやビューのSQL文も確認することができるので非常に便利です。


次回でvisioのER図をテーブル定義書に変換する方法をやってみたいと思います。





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。