上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




現在自宅でWindowsのデスクトップとMacのノートを使用中。

部屋の中では無線LANで自由に動けるMacのノートの使用頻度が高いが、

Windowsのデスクトップも使いたい。

VNCという手もあるが、デスクトップの方が解像度が高いのでMacから操作するには使い勝手がちょっと悪い。

それに、せっかくディスプレイが二つあるならそれを有効に使いたいと言う事で、今回はSynergyをインストールしてみる事に。

また、無線LANのMacをサーバにする事で、マウスとキーボードをコードレス化するのと同じ感じになるので、

それでやってみることにしよう。

今回はMacをサーバ、Windowsをクライアントとして設定。

まずはMacのサーバから。

まず、Mac版のsynergyをダウンロード

http://synergy2.sourceforge.net/

のLatest Releaseから最新版を落とす。

今回はsynergy-1.3.0-1.OSX.tar.gzというのを使用する。

デスクトップにでもダウンロードし、解凍する。

解凍はMac OSX標準のソフトで解凍出来るのでダブルクリックするだけで良い。

synergysとsynergycは/usr/binへ。synergy.confは/etcへ置くのが無難らしいので移動する。

しかし、そのままでは/usr/binのオーナーがrootになっているので移動が出来ない。

標準でルートユーザーが有効になっていないはずなので、

Macintosh HD→アプリケーション→ユーティリティと開き、

「NetInfo マネージャ」を起動する。

起動するとウィンドウが開くがロックがかかっているはずなので下の鍵のマークをクリックし、ユーザーIDとパスワードを入力し、鍵を解除する。

上のメニューから

セキュリティ→ルートユーザーを有効 とすると、

ルートパスワードを設定するようにと警告のウィンドウが出るので「OK」を押す。

そうするとパスワードを入力するウィンドウが出るので二度パスワードを入力。

これでrootでログイン出来る。

rootで再ログインしてもいいのだが、面倒なので、CUIでファイルをコピーすることに。

Macintosh HD→アプリケーション→ユーティリティと開き、

「ターミナル」を起動する。

既にユーザーでログインされているので、rootになるために、

$ su -

と打ち、先程設定したパスワードを打つ。

デスクトップに置いた場合のディレクトリは

# cd /Users/hogehoge/Desktop/synergy-1.3.0

(hogehogeの部分は各環境に合わせて変えてください:ユーザー名になるはず)

に移動。

# mv synergys /usr/bin/

# mv synergyc /usr/bin/

で synergys と synergyc は /usr/bin へ。

synergy.confは/etcへ置く

# mv synergy.conf /etc/

次に移動したsynergy.conf(設定ファイル)を編集する。

viを使って編集。

(viを使えない人は編集してから移動したほうが良い)

# vi /etc/synergy.conf



# 「#」の文字のある行は無視されます。

section: screens

mac.local:

win:

  # Macの名前は「環境設定」「共有」にある○○.localを使う。

  # winの名前は「マイコンピュータ」右クリック

  # 「プロパティ」の「ネットワークID」タブの中(win2000)

end

section: links

# macの画面からWinの画面に移動する設定

mac.local:

left = win

# Winの画面からMacの画面に戻るために逆の設定も必要

win:

right = mac.local

end

  # aliasesの部分からしたはコメントアウトしてよい。


保存し、

「exit」でrootから抜け

$ /usr/bin/synergys --config /etc/synergy.conf

と打ち込む。

エラーが出なければok

また、サーバを自動起動するためにはAppleScriptを使う。

スクリプトエディタに

do shell script "/usr/bin/synergys --config /etc/synergy.conf"

#一行で記入!!

とだけ入力し、アプリケーションで保存。

ログイン項目に追加すれば起動時に自動起動が可能。

Windowsにはsynergy.exeをダウンロードしてインストール。

クライアントなので、Server Host Nameの所にMacの名前を入れる。

(うまく行かないときはIPアドレスを直接入力してもok)

testを押してみて、うまく動いたらOKを押して実際に使用する。

完成!



なかなか便利~

Macのディスプレイのハジまで行ったカーソルがWindowsのディスプレイから現れるようになる。

かなり面白い。

Windowsでトラックパッドスクロール機能が使えるのもうれしい。

トラックパッドスクロールは二本指でトラックパッドをなぞる事によってスクロールバーを自由に動かせる機能。

この機能は使い慣れると手放せなくなる。。




画面の位置関係のleftやrightをupやdownにしても良い。

二つだけじゃなく、四つとか六つとかでもOKナハズ。

クリップボードも共有出来るので、今までURL等をわざわざメールで送ってWin→Macなどと移動していたのを

そのままカーソル移動でコピーペーストで作業が出来る。

Win→Winという環境でもこの機能は非常に便利かな。

Windows版はexeファイルをダブルクリックしてインストールするだけで終了なので非常にラクチン。

対応しているOSはWindows、Mac、Linuxなどがあるので、さまざまな環境を越えて使える。





※間違いに気付いた方はご指摘ください。

設定については基本的に自己責任でお願いします。



RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。