上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今回は Google App Engine の開発環境を作成する手順の備忘録メモ。

Eclipse3.6(Helios)を利用して開発環境の構築する手順を記述してみます。

前もってEclipse3.6でJava開発ができるような状況にあることを想定していますが、
Javaのインストールが完了していない方はGoogleなどで検索し、作業を完了させてください。

1. Eclipseの起動
  •   Eclipseのアイコンをダブルクリックし、Eclipseを起動させます。

2. Google plungin for Eclipseのインストール
  •   「Help」→「Install new software」をクリック。
  •   右上の「Add」ボタンを押し、Nameは「Google plugin for Eclipse」、URLは「http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.6」と入力する。
  •   ※Nameは一覧から識別するためのものなので、好きなものを入力してOKです。
  •   「OK」を押す。
  •   Installウィンドウで、Plugin、SDKsの両方の全てのチェックボックスにチェックを入れ(もしくは Select All を選択)、「Next」を押す。
  •   Install Detailsが表示されるので、ここも「Next」を押す。
  •   Review Licences画面が表示されるので、ライセンスを受け入れられるようであれば、右下のラジオの上段「I accept the terms of the licence agreements」を選択。
  •   「Finish」を押す。

 ※インストールが完了するまでしばらく待ち、インストールが完了したら再起動を行ないます。

とりあえずはこの段階で Google App Engine の開発ができるようになります。





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。