上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Webアプリケーションでレポートをグラフ表示したいと考えていのだが、Javaだとちょっとめんどうそうなのでadobe Flexに目をつけた。

Flexは通常はAction Scriptを使ってロジックを記述するのだが、s2flexを使ったり直接Javaのクラスを呼び出して使ったり出来るようだ。

現在参考にしている書籍としては、「Adobe Flex プロフェッショナルガイド」と「Flexでさわって覚えるリッチクライアント」という2冊だ。

両方とも一通り目を通したのだが、プロフェッショナルガイドは情報が新しく、非常に読みやすい。
これからFlexを始める人には必ず持っていたほうがいい!と自信をもって勧められる一冊だと思う。

若干誤植が多いところは玉に傷だが、全く知らない初心者からでも理解しやすい書き方が魅力的。


Flexでさわっておぼえるリッチクライアントは、本自体は若干古いのだが、Javaとの連携や、SeasarのS2Flexとの連携方法などが書いてあり、こちらもWebのアプリケーションを本格的に作りたいのであれば必携と言えるだろう。

内容も読みやすく、AdobeFlex2 プロフェッショナルガイドと重複しない部分が多いので両方おすすめです。

近々Flexを使ったWebアプリを作成する記事を連載したいと思っていますが、こんなのを作ってほしい!という希望があれば是非、読者の皆さんの声を聞かせてください。

(スキルが足りなくて期待にこたえられない可能性も・・・)


私が参考にしている書籍







RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。