上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Strutsの「beans:write」タグはformにstringをセットするだけでhtmlに表示ができて便利ではあるが、標準で「<」や「>」などがエスケープされてしまうために、htmlを記述したり、JavaScriptを記述したりすることには使えないと思っていたが、以下のように記述することでエスケープせずに使える。

<bean:write name="hogehoge" property="abc" filter="false" />

これでプログラム内で動的に作成したhtmlを表示したりすることも可能。

でも、クロスサイトスクリプティングなどができてしまうので、確実に安全だと想定される値以外を表示するときには注意して使用した方が良いでしょう。





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。