上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




さて、前回の
第1回:VMWare 上にCentOS(Linux)用のインスタンスの作成
では VMWare 上に CentOS をインストールする準備ができましたが、今回は OS のインストール作業を行いたいと思います。

まずは、ディスクイメージが仮想ドライブにマウントされていると思いますので、そのままインスタンスを起動します。
起動は左にある緑の三角ボタンを押します。

start instance

起動したら上の「Console」と書いてあるタブを押します。

console

そうするとこんな画面になりますので、黒い画面の真ん中あたりを押してみます。

console black

押すと別窓で起動した画面が表示されます。
画面内のどこでも良いのでマウスをクリックすると画面内の操作ができるようになるので、インストールするためにエンターを押しましょう。
(しばらく待っていても勝手に先に進みます)
ちなみに画面内の操作モードになっていると、ホストOS側の操作ができなくなりますので、戻りたい時は「Alt」+「Ctrl」ボタンを押しましょう。

install

だた~っと文字が流れてインストール作業が始まります。
もう少々待ちます。

log

業務などで使う場合は厳密なメディアのチェックが必要かとは思いますが、自宅サーバなのでここは Skip してしまいます。

media check

anaconda インストーラが起動し始めます
Next を押して次へ進みましょう

centos

言語を設定します。
英語でもいいのですが、今回は日本語を選びます。

language

新しいパーティションにインストールする場合には初期化して良いか確認画面が表示されますので、「はい」を選択します。
キーボードも日本語を選択します。

error disk

新規のパーティションの場合は特に何を選んでも問題ないのですが、今回は「全てのパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成」を選びます。

pertition

ネットワークは、ひとまず構築時は家のルータからDHCPでIPアドレスをもらう事にすることにして、自動設定でそのまま進みます。

network

タイムゾーンは東京を選択

timezone

root ユーザ(管理者)のパスワードを入力します。

root password

サーバのパフォーマンスの低い時代は、GUIはインストールしない場合もありましたが、最近のサーバは非常にパワフルなので Gnome のGUIをインストールしておきましょう。
(実際の稼働時はランレベル3(CUI)で運用するつもりですが)
また、ソフトウェア追加のリポジトリもデフォルトの物を追加しておきます。

gnome

次へを押してインストールを開始しましょう

finish

インストールは時間がかかりますので、のんびり待ちます。

end

インストールが終了したら再起動します。

reboot

再起動を待ちます、待ちます。

start

まだまだ待ちます。

start2

設定を行います。
まずは「次へ」を押しましょう。

welcome

ファイヤウォールの設定を行います。
後ほど手動で設定をしますので、とりあえず「無効」にしておきます。
注意:この時点で直接インターネットに接続などしないようにしてください。(ルータなどを経由してNAT、NAPTで接続するのはOKです)
有効にしていてもいいのですが、構築時にサーバに接続できない・・などの問題が起きる可能性を最小限にするためです。

firewall

SELinux の設定です。
有効にしておいても問題はありませんが、今回は無効にしておきます。

selinux

日付と時刻の設定ですが、「ネットワークタイムプロトコル」のタブを選択して、NTPを有効にします。
時刻サーバに自動で接続し、時間を合わせます。

time

ユーザーを追加します。
通常使うユーザーを追加します。

user

サウンドカードはなぜか認識されないので、そのまま進んでしまいましょう。

sound card

CDからアプリケーションを追加したい場合はここでインストールします。
DVDからはインストールできないようです。

add application

終わったらユーザー名を打ち込んでログインします。
やっとデスクトップまでたどり着けそうです^^

user name

デスクトップが表示されると、更新ファイルがあると右上に吹き出しが出ます。
インストールしておく方がセキュアなので、ここは更新しておきましょう。

desktop

更新が終了すると、再起動する必要があります。
これを再起動するといよいよインストール作業は完了です。

end update


お疲れさまでした。
さて、次回はリモート接続とセキュリティ設定の予定です。


【CentOS でLinux自宅サーバ】シリーズ

第1回 VMWare 上にCentOS(Linux)用のインスタンスの作成
第2回 VMWare 上にCentOS(Linux)をインストール


スポンサーサイト

さてさて、我が家の自宅サーバも稼働から4年を迎え、Fedra Core 6 Beta で稼働してるので、新しい環境への移行をしようかと。

現在のサーバスペックは AMD K-6 II 300MHz と、何とも貧弱なスペック。
Java のウェブアプリなどはちょっとパワー不足で動きが悪い。

今回のサーバはは Core 2 Quad Q6600 の Windows Vista で動いているマシン上にVMWare Server 2 をインストールし、そこで稼働させる事にした。

VMWare Server 2 のインストールは他のサイトなどを参考にしてもらうとして、、、


■VMWare 上に CentOS インストール用VMWareイメージの作成

「Virtual Machine」→「Create Virtual Machine」 を押し

create instance new

VMWareイメージ名とロケーションの指定を行います

name and location

ゲストOSの指定を行います。
今回は CentOS 5 なので、互換性のある RedHat Enterprise Linux 5 32bit を選択します。
64bit 版をインストールする場合は 64bit を選択しましょう。

guest operating system

メモリとCPUの設定を行います。
ホストOS(Windows Vista)は 4GB のメモリを搭載していて余裕がありますので、512MB ほど割り振ります。
(32bit 版なので実際には 3GB ほどしかOSは認識していませんが・・・)
メモリの割当に関してはホストOSのメモリの量などを考えて割り振りましょう。

CPU のコア数に関しては、4コアの CPU が載っているのですが VMWare は 2コアまでしか認識してくれないようです。
(フリー版だからかな、調査不足です。)
なので、今回は2を選択します。
これもそれぞれの環境に合わせて設定してみてください。

memory settings

仮想ディスクの設定です。
容量がデフォルトだと 8GB ほどになっており、それでは全然足りないので「Create New Virtual Disk」を押し、ディスク容量の設定を行います。

virtual disk

ここでは 20GB ほどを割り当てています。
使い方にもよりますが、私のように Java で作成した Web アプリをデバックログをじゃんじゃん吐かせながらテスト運用するような使い方だとすぐにディスクがいっぱいになってしまいますので、ディスクに余裕があるようなら少し大きめに取っておくと安心できます。

disk capa

次はネットワークアダプタの設定。
自宅サーバの場合、ルータなどで静的ルーティングをするためには Bridged にしていた方が便利かと思うので、詳細設定を確認します。
(デフォルトで Bridged になってはいますが)

network1

このように「Bridged」になっている事を確認します。

bridge

CD ドライブには CentOS のイメージファイルをマウントしておくと良いでしょう。
今回私は DVD の iso ファイルをダウンロードしていましたので、それをマウントします。

cd drive

フロッピードライブは今回はなし。
そもそも Vista マシンに FDD ドライブが着いていないので。

floppy

USB デバイスに関してはそのまま Next で進みます。

usb

設定は完了。
こんな感じになりますので、Finish を押しましょう。

finish

これで CentOS をインストールするインスタンスの準備ができました。

new instance

次回の CentOS インストール編もお楽しみに!


【CentOS でLinux自宅サーバ】シリーズ

第1回 VMWare 上にCentOS(Linux)用のインスタンスの作成
第2回 VMWare 上にCentOS(Linux)をインストール



去年、発売とほぼ同時に MacBook Pro を購入したわけですが、購入してからインストールしたソフトウェアを備忘録代わりにメモ。

macbook pro


まだ入れようと思って入れていない物もあるので、それは後々追記で。

iWork '08
Mac用のOfficeスウィート。
Excel、Word、PowerPointのような機能を持ったソフトがひとまとめに。
個人的にはOfficeよりも奇麗な資料を簡単に作れるので非常に重宝している。
Officeのファイルも開けます。
しかも価格も安い。(5ライセンスで12000円ぐらいだったと思う)
残念ながらかってすぐに '09 が出ちゃいました。。。(涙
リンクから評価版のダウンロードが可能(30日)

VMWare Fusion
Intel Mac 上で動く仮想化ソフト。
Windows や Linux、それに Mac OSX Server すらも動かす事ができる。
個人的にめちゃくちゃ重宝するソフト。ほんと助かってます。
価格は12000円ぐらい。ダウンロード版だともう少し安いです。
リンクから評価版のダウンロードが可能(30日)

Skype for Mac
これはもう既に説明は不要だと思う。
無料で電話できます、チャットもできます。ほんと便利です。
フリーで利用可能

XCode
Objective-cやJavaなど各種開発ができる。
Mac を買ってきたときに付いてきた DVD からインストール可能。
フリーで利用可能

Microsoft Messenger
Microsoft の IM ソフト。
この辺は後々置き換えていきたい。
UIが結構奇麗に作ってある。
フリーで利用可能

Yahoo Messenger
Yahoo! の IM ソフト。
これも後々置き換えていきたい。
UIの作りがあまりよくなくて、安定性も低い。よく落ちる。
フリーで利用可能

Remote Desktop Connection
Windows にリモートデスクトップ接続するためのソフト。
リモートの Windows で稼働するサーバに接続するときに必須です。
Intel Mac 版になってちょっと見た目がこ奇麗になった。
フリーで利用可能

Firefox
ウェブブラウザ。
これも説明不要だろう。現在Operaと二刀流だがプラグインを入れまくるとなかなか手放せない。
フリーで利用可能

Opera
ウェブブラウザ。
Firefox ほどメジャーではないが、Firefox より非常に高速に動作し安定性もすごく高いので10年ほど愛用している。
フリーで利用可能

JDK6(Java)
Mac OSX 用 JDK6(Java1.6)。
Java の開発をやるなら必須。
インストール方法に関してはこちら
フリーで利用可能

NetBeans
Java の Sun が作った IDE(統合開発環境)。
インストールしてから開発を開始するまでの時間がEclipseよりも短くてすむ(場合が多い)
Web 画面を ドラッグアンドドロップで作成できる。
個人的には Eclipse よりも愛用している。
Ruby, PHP, C/C++, JavaScript, JavaFX などの開発もできる。
フリーで利用可能

Eclipse
Java の IDE(統合開発環境)。
インストールした後に、いろいろとプラグインを入れる必要があるのがちょっとめんどいが、いろいろなプラグインが出ており、使い勝手が良い。
NetBeans の用にインストールするという形ではなく、ダウンロードして解凍したディレクトリの中でそのまま実行されるので、バックアップや環境のコピーが楽。
フリーで利用可能

VLC
Mac 用の動画プレイヤー。
他のを知らないので長いことこれを使っている。
フリーで利用可能

Dropbox
これはほんとに素晴らしいソフト。2008年のベストといっても過言ではない。
Windows, Mac, Linux などのOSで、ディレクトリを同期できる。
設定ファイルなどをその同期したディレクトリから読み込む設定にすると、OSの違うマシンでもアプリケーションの設定を同期したりできる。(ちょっと抽象的ですみません。)
フリーで利用可能(フリーの場合は2GBまで)

OfficeX
Word, Excel, PowerPoint などが入った Office スイート。
これは説明不要だろう。

UnrarX
rar 形式で圧縮したファイルなどを解凍できるソフト。
Stuffit で解凍するとディレクトリ構造が壊れる場合があるので、こちらで解凍した方が良い。
ディレクトリ構造が壊れて困った例はこちら
フリーで利用可能

Stuffit
※リンクは開発元ではなく、国内代理店のアクト・ツーになっています。
圧縮ファイルを解凍するソフト。
OS 9 の時もこれを使っていたのだが、なんか今使うとあまり優秀じゃない気がしてきた。
うーん。

OnyX
※リンク先は自分のダウンロード元
OS X の最適化や、隠し機能の ON/OFF ができる。


なんかいろいろ抜けてるのでまた追記します。



気持ちよくガガーっとコーディングをしていたのだが、以下のようなエラーが発生した。

コンパイラで例外が発生しました (1.5.0_17)。Bug Parade に同じバグが登録されていないことをご確認の上、Java Developer Connection (http://java.sun.com/webapps/bugreport) にてバグの登録をお願いいたします。レポートには、そのプログラムと下記の診断内容を含めてください。ご協力ありがとうございます。
java.lang.AssertionError: (Integer)lockpair.second
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.abstractLval(Lower.java:1853)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.lowerBoxedPostop(Lower.java:2659)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitUnary(Lower.java:2696)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$Unary.accept(Tree.java:910)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.visitExec(TreeTranslator.java:227)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$Exec.accept(Tree.java:728)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.translate(TreeTranslator.java:54)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.visitBlock(TreeTranslator.java:145)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitBlock(Lower.java:2933)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$Block.accept(Tree.java:535)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitIf(Lower.java:2382)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$If.accept(Tree.java:715)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.translate(TreeTranslator.java:54)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.visitBlock(TreeTranslator.java:145)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitBlock(Lower.java:2933)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$Block.accept(Tree.java:535)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.visitSynchronized(TreeTranslator.java:195)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$Synchronized.accept(Tree.java:653)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.translate(TreeTranslator.java:54)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.visitBlock(TreeTranslator.java:145)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitBlock(Lower.java:2933)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$Block.accept(Tree.java:535)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.tree.TreeTranslator.visitMethodDef(TreeTranslator.java:129)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitMethodDefInternal(Lower.java:2267)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitMethodDef(Lower.java:2186)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$MethodDef.accept(Tree.java:478)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.visitClassDef(Lower.java:1989)
at com.sun.tools.javac.tree.Tree$ClassDef.accept(Tree.java:434)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1881)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translate(Lower.java:1901)
at com.sun.tools.javac.comp.Lower.translateTopLevelClass(Lower.java:3070)
at com.sun.tools.javac.main.JavaCompiler.compile(JavaCompiler.java:487)
at com.sun.tools.javac.main.Main.compile(Main.java:592)
at com.sun.tools.javac.main.Main.compile(Main.java:544)
at com.sun.tools.javac.Main.compile(Main.java:74)
at com.sun.tools.javac.Main$1.run(Main.java:57)



JavaSE6 の 修正済みバグリストによるとBeta2で修正されているようだ。
バグ6348760

JDK5を使わなくてはいけないのだが、最新のJDK1.5_17でも修正がされていないようなので、
非常にこまった。

JDK6が使えるのであれば問題なくコンパイルが可能。



Mac 版の NetBeans 6.5 上で JBoss4.2.3 用のプロジェクトをビルドしたところ、
以下のようなエラーが発生し、コンパイルができなかった。

Created dir: /Users/Username/NetBeansProject/hoge-client/build/jar
Copying 1 file to /Users/Username/NetBeansProject/hoge-client/build/jar
Copying 2 files to /Users/Username/NetBeansProject/hoge-client/build/jar/META-INF
Compiling 56 source files to /Users/Username/NetBeansProject/hoge-client/build/jar
/Users/Username/NetBeansProject/hoge-client/src/java/jp/co/hoge/HogeServiceRemote.java:7: javax.ejb.Remote にアクセスできません。
クラスファイル /Users/Username/Development/Servers/jboss-4.2.3.GA/server/default/lib/jboss-ejb3x.jar(javax/ejb/Remote.class) は不正です。
クラスファイルのバージョン 50.0 は不正です。49.0 であるべきです。
削除するか、クラスパスの正しいサブディレクトリにあるかを確認してください。
import javax.ejb.Remote;

原因は JDK のバージョンのが異なるためであり、JDK6 を使用すれば無事にコンパイルが完了した。



いよいよ Windows 7(Seven)のベータ版のダウンロードが開始されたので、早速ダウンロードし、Mac の VMWare Fusion 上にインストールしてみた。

※追記(09/1/18 13:23):Windows 7 の iso ファイルのダウンロードはこちらから。

まずは、Windows Vista をインストールできる状態で、VMWare のイメージを作成しておく。
※画面のキャプチャし忘れた。

isoファイルを仮想ドライブにマウントし、インスタンスを起動。

以下のような画面が表示される。
β版は英語しかないので、Englishのままで次へ。

ピクチャ 1

で、Install Now をクリック。

ピクチャ 3

次にライセンスに同意します。
内容的には様々な情報を Microsoft に送信する事に同意するなどが含まれているようだ。
ちなみに、8月1日以降は起動しなくなる。

ピクチャ 4

次はインストール方法。
今回は新しく作成したパーティションにインストールなので、カスタムを選択する。

ピクチャ 7

インストールするディスクを選択する。

ピクチャ 8

Next を押すとインストールが開始される。
結構時間がかかるのでのんびり待ちましょう。

ピクチャ 9

なんかいろいろ入ってます、もう少々待ちます。

ピクチャ 10

ひたすら待ちます、待ちます。

ピクチャ 11

インストールが完了すると、勝手に再起動され Windows 7 が起動します。
わくわくしますね~。

ピクチャ 12

起動したあとも、初回の設定でまだ待たされます。

ピクチャ 13

さて、やっとここまできました。
ユーザー名と、PCの名前を入力します。

ピクチャ 14

プロダクトキーを入力する画面ですが、β版なのでそのまま次へ進みましょう。

ピクチャ 16

Windows のセキュリティの設定を選択します。
特にこだわりがないので一番上のおすすめ設定を選択。

ピクチャ 17

時間(タイムゾーン)を設定します。
大阪、札幌、東京 でいいでしょう。

ピクチャ 18

次はネットワーク設定です。
Home Network を選択します。

ピクチャ 19

だだ~っと設定してくれてます。

ピクチャ 20

ホームグループを作るかの確認画面。
設定する事により音楽やら写真やらを簡単にシェアする事ができるようだ。

ピクチャ 21

Next を選択すると、ごにょごにょ~っと設定処理がされて・・・

ピクチャ 22

来ました!Welcome!!

ピクチャ 23

ようやくデスクトップまでたどり着きました。
期間限定ではありますが、いろいろ試してみようと思います。

ピクチャ 24





RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。