上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




tar は複数のファイルを一つにまとめる、いわゆる「アーカイバ」です。
しかし、tar は、いわゆる「圧縮」ツールとは違い、圧縮率という点では、ほとんど効果がありません。あくまで複数のファイルをひとまとめにする、という点で便利なコマンドなわけです。

使い方はこんな感じ。
例)

$ tar cvf mytarfile.tar target1.txt target2.txt ・・・・ [Enter]

※ディレクトリ以下すべてのファイルをくくりたい場合は、targetファイル名の代わりにディレクトリ名を指定します。

例)

$ tar cvf mytarfile.tar targetdir ・・・・ [Enter]

これで、mytarfile.tar が出来上がります。
出来上がった tar ファイルをほどく時は、次のようにします。
例)

$ tar xvf mytarfile.tar     [Enter]

tarファイルの中身が展開されます。以上



◎おまけ
tarコマンドのオプションについて。

UNIX系OSに組み込まれている各種コマンドにはいろんなオプションが用意されています。
tarコマンドの場合は、

$ tar cvf mytarfile.tar target1.txt target2.txt ・・・・ [Enter]

の cvf のところの c とか v とか f とかです。
この他によく使うオプションとして、r ,t ,x ,などがあります。その意味をご説明します。
c オプション (create)

新しいアーカイブを作成する
t オプション (list)

アーカイブ内容の一覧を表示する
例)

$ tar tvf mytarfile.tar     [Enter]

とすると

hoge.txt
moge/moge1.txt
moge/moge2.txt

のように、tar ファイルの中身を表示してくれます。
実際に展開はされません。
x オプション (extract)

アーカイブからファイルを抽出(展開)する

存在するファイルはいきなり上書きされます。注意しましょう。パーミッションが無い場合は、エラーになります。
v オプション 冗長(verbose)

処理したファイルの一覧を詳しく出力する
  例)t オプションとあわせて使う

$ tar tvf mytarfile.tar     [Enter]

とすると

-rw-r--r-- 9999/999 17243 Mar 4 17:43 2002 hoge.txt
-rw-r--r-- 9999/999 11954 Mar 4 17:42 2002 moge/moge1.txt
-rw-r--r-- 9999/999 4675 Mar 4 17:42 2002 moge/moge2.txt

のように、tar ファイルの中身を詳しく表示してくれます。展開する前には、t+v オプションで確認する癖をつけましょう。あと、展開するディレクトリの確認もあわせて、忘れない様に。
f オプション アーカイブファイル名(file)

アーカイブのファイル名を明示的に指定
※f オプションをつけず、アーカイブファイル名を指定しないと、エラーになります。

これは、デフォルトで/dev/rmt0(TAPEドライブですね)がセットされているためです。マシンにTAPEドライブがついている場合、tar は当然そちらを、見に行きます。TAPEの中身をくくったり、ほどいたり、TAPEに書き込んだり・・・
tar を使う場合は、f オプションをつけて、ファイルをきちんと指定してあげましょう。
r オプション (append)

アーカイブの最後にファイルを追加する
例)mytarfile.tar に append.txt を追加したい場合

$ tar rvf mytarfile.tar append.txt ・・・・ [Enter]




スポンサーサイト

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。