上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




チュニック(Tunic), tunique(フランス語) とは、ゆるやかな短めのワンピースのバリエーションで、丈が腰の位置から膝丈程度のものをさす。



チュニックの特徴


チュニックは、歴史的には、男性用も含む広い上着ないしコート状の衣類を包含し、その長さも地面に達するものから膝丈程度の長いものが主であった。しかし、現在の日本では、主に女性用のカジュアルな上衣と位置づけられている。 チュニックの形状は、筒状のものもあれば、アンダーバストで切り替えてAラインドレスのように自然に裾を広げるもの、腰の位置で切り替えたり紐で結ぶようにして、裾をスカートのように幅広にするものなど多様である。この場合でも上半身は比較的緩めのデザインとなる。

チュニックの利用方法

チュニックは、ジーンズなどのパンツルックのボトムスと併用して、マニッシュなスタイルに女性的なニュアンスを加える。また、透け感のあるチュニックを、Tシャツやキャミソールなどの上に着用することで、比較的シンプルなデザインのカットソーに対して、空気感、軽快さ、繊細さなどを加え、着こなしのバリエーションを広げることができる。通常のワンピースとは単に総丈が違うだけではなく、よりカジュアルなシーンで着用されることが多い。また、緩やかな形状ゆえ、マタニティウェアとして用いられることもある。この他、チュニックとパンツの併用は、機能性や保護機能が高いことから、看護・介護などの業務を行う人々(男性を含む)の制服としても利用される。

チュニックの身生地


チュニックの身生地は、綿、ポリエステル、ナイロン、レーヨン、アクリルなど極めて多岐にわたる。重ね着を前提に、シフォンやダブルガーゼ、パワーネット、ジャカード織、目の粗いパターン編みのニット素材など、透け感の高い生地も利用される。また、素材に質感や変化を与えるため、シャンブレー、楊柳、シワ加工、パッチワーク、刺繍、ラインストーンなどが施されることもある。また、カジュアルさを強調する場合は、裾や胸ヨーク、アンダーバストなどにフリルやリボン、レーステープトリミングなどを施して下着風・ベビードール風にアレンジしたり、カシュクール風に胸元を開ける、裾をイレギュラーに仕上げるなどの処理を行ったりする。


参照URL





スポンサーサイト

首筋から胸元にかけての部位。

参照URL






ドレープとは、布をたらしたときに出る、ゆるやかなヒダ、またはたるみのこと。エレガントな印象を与えるテクニック。

ドレープは、布で覆う、飾るといた意味がある。立体裁断のこともいう。古代の衣装は、布をそのまま体に巻き付けたもの。シュメール王朝末期からバビロニア時代にかけても同様で、どちらもいかに美しいドレープを作るかが着こなしの基本だった。その後もひだは重要視され、王侯貴族になるほど、ひだをたくさん用いるようになった。以後、ひだを贅沢に使うのでは、権威の象徴にもなった。ひとことでドレープといっても種類は様々。たとえばロンドン発のイングリッシュ・ドレープは、1930年から1940年代にかけてメンズファッションの主流。むねにたっぷりドレープを寄せ、袖山を大きく作った。その後も、男性ファッションに大きな影響を与えた。

参照URL






RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリー

月別アーカイブ

このブログについて

ネットワーク構築や、サーバ構築、Javaプログラムを生業としていく中で気付いたことをブログに綴って行きます。

Sponsored Link

カウンター

リンク

RSSフィード

全記事リンク

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。